育児・介護休業法が改正されました

平成29年10月1日施行

 

コルトス代表の鈴木啓介です。
平成29年1月1日に続いて、平成29年10月1日に育児介護休業法が改正されましたので、法改正のポイントをご案内します。

 

~改正育児介護休業法のポイント~

 

   育児休業期間の延長

 これが今回の最も重要な改正事項です。

子供が1歳半になった時点で保育所に入所できない場合などの事情がある場合、再度休暇の申請をすることで、育児休業期間が最長で2歳まで延長可能になりました。

もちろんこの場合、育児休業給付金も2歳まで支給されます!

 

   休業制度の周知(努力義務)

 事業主は、労働者もしくはその配偶者が妊娠・出産したことを知った時、又は労働者が対象家族を介護していることを知った時に、個別に育児・介護休業について知らせるように努力しなければならない。

プライバシー保護の観点から、従業員が自発的に知らせやすいよう、事業主は相談窓口を設置するなどの措置を講じる必要があります。

 

   新たな育児休暇の設置(努力義務)

 未就学児を育てながら子育てしやすいよう、育児目的で利用できる休暇制度を設けるよう努力しなければならない。

(例) 配偶者出産休暇、ファミリーフレンドリー休暇、子の行事参加のための休暇等

 前回の改正に加え、育児や介護をしながら働く男女労働者が、育児・介護休業などを利用しやすい職場環境の整備を進めていく改正が続いています。

努力義務とされている事項については、今すぐに対応しなくても大丈夫ですが、今回の改正点を労働者に伝え、積極的に休暇制度を活用できるような職場環境づくりを進めて参りましょう!

 

 ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください!

 

〒463-0036 名古屋市守山区向台1-1818-1

TEL・FAX 052-700-9293

お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー

Copyright © kolutus All Rights Reserved